初先発の岡崎慎司、惜しくも初ゴールならず。現地メディアでは奮闘に評価も

2019年09月19日(Thu)18時19分配信

photo Getty Images
Tags: , , ,

岡崎慎司
岡崎慎司【写真:Getty Images】

 セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)第6節のウエスカ対アルバセテ戦が現地時間18日に行われ、アウェイのアルバセテが1-0で勝利を収めた。ウエスカのFW岡崎慎司は先発でフル出場を果たしたが、初ゴールは挙げられなかった。

 ウエスカに加入して以来これまで2試合に交代出場していた岡崎だが、今節は初先発に起用。ボレーシュートでゴールネットを揺らしながらもオフサイドで無効とされた場面や、クロスバーを叩いたヘディングシュートなど、ゴールにあと一歩まで迫る形は何度かあった。

 ウエスカの補強の目玉である岡崎の初めての先発入りには、現地メディアからも注目が集まった。地元紙『エラルド』は先発メンバー発表を伝える記事に「岡崎が初先発」とタイトルをつけ、「岡崎慎司の存在が最大のニュース」と伝えていた。

 スペイン各メディアともマッチレポートでは岡崎が迎えた複数の決定機に言及し、積極的にチャンスに絡んでいた様子を報じている。地元紙『エル・ペリオディコ・デ・アラゴン』は、岡崎について「輝きを放ち、よく戦っていた」とプレーを称えた。

 ミチェル監督も、試合には敗れたが岡崎らの奮闘を評価しているようだ。「岡崎とチーム全体に対して満足する様子を見せた」と『ヘラルド』は試合後の同監督について述べている。

【了】

新着記事

↑top