UEFAネーションズリーグ、1部を16チームに増枠。ドイツ代表などは2部降格回避

2019年09月25日(Wed)17時04分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

UEFAネーションズリーグ
UEFAネーションズリーグ【写真:Getty Images】

 欧州サッカー連盟(UEFA)は現地時間24日に開かれた執行委員会において、UEFAネーションズリーグのカテゴリ構成を次回大会より変更することが承認されたとして発表を行った。

 第1回大会となったUEFAネーションズリーグ2018/19は、リーグA(1部)とリーグB(2部)が各12チーム、リーグC(3部)が15チーム、リーグD(4部)が16チームという構成で開催された。次回の2020/21大会では、リーグA、B、Cが各16チーム、リーグDが7チームで構成される形となる。

 前回大会のリーグAではドイツ代表、アイスランド代表、ポーランド代表、クロアチア代表が各グループの最下位となり、リーグBへの降格が決まっていたが、チーム数変更により4チームは降格を回避することになる。リーグBからはウクライナ代表、スウェーデン代表、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表、デンマーク代表がリーグAに昇格する。

 UEFAネーションズリーグの次回大会は2020年9月に開幕予定。グループ分けの抽選会は2020年3月3日にアムステルダムで行われる。

【了】

新着記事

↑top