FIFAは不正を否定。エジプト関係者のサラー無効投票&メッシ投票操作疑惑で

2019年09月27日(Fri)8時54分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

リオネル・メッシ
リオネル・メッシ【写真:Getty Images】

 国際サッカー連盟(FIFA)は23日、年間最優秀選手にバルセロナ所属のFWリオネル・メッシが選ばれたと発表。しかし、投票結果に不可解な点が多いことから不正疑惑が浮上していた。しかし、FIFAが不正を否定していると、26日に英メディア『BBC』が報じている。

 エジプト代表のシャウキー・ガリブ暫定監督とキャプテンのMFアフメド・エル・モハマディはリバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーに投票したと主張しているが、リストには名前がなかった。FIFAの言い分によると、投票者の署名が大文字であったため無効票にしたとのこと。また、義務付けられているエジプトサッカー協会事務局長の署名がなかったことから、有効として認められなかったようだ。

 また、ニカラグア代表のキャプテンであるフアン・バレラとスーダン関係者がメッシに投票していないにもかかわらず、投票結果に加えられていたと主張している。この件に関してもFIFAは、正式な署名がされている投票を受け取ったとして、投票操作を否定している。

【了】

新着記事

↑top