DFセルヒオ・ラモス、10年連続のCLゴール! ジェラール・ピケに続いて史上2人目

2019年10月02日(水)7時40分配信

photo Getty Images
タグ: , , , ,

セルヒオ・ラモス
セルヒオ・ラモス【写真:Getty Images】

【レアル・マドリー 2-2 クラブ・ブルージュ CLA組第2節】

 チャンピオンズリーグ(CL)グループリーグA組第2節、レアル・マドリー対クラブ・ブルージュの試合が現地時間1日に行われた。試合は2-2の引き分けに終わっている。この試合で、マドリーに所属する33歳のスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが偉大な記録を樹立した。

 試合開始して9分、クラブ・ブルージュのデニスが先制点を記録する。オフサイドのジャッジにより最初はゴールが認められなかった。しかし、VARでオフサイドではないことが確認されて得点が認められている。

 さらに39分、モドリッチが自陣センターサークル内でボールをロスト。そのままデニスに決められて2点を追いかける展開に。すると55分、ベンゼマのクロスにセルヒオ・ラモスがヘディングで合わせてゴール。こちらも一度オフサイドのジャッジが下ったものの、VARでオフサイドでないことが確認され、マドリーに1点が入る。85分にはカゼミーロが同点ゴールを決め、試合は2-2の引き分けに終わっている。

 サッカーのデータ分析を手がける『Opta』によると、セルヒオ・ラモスは10シーズン連続でCLゴールを決めたとのこと。DFの選手がCLで10シーズン連続のゴールを決めたのは、バルセロナのジェラール・ピケ以来の出来事だ。

【了】

新着記事

↑top