スペイン代表監督、バルセロナ16歳のEURO本大会招集示唆。「可能性はある」

2019年10月12日(Sat)19時16分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

アンス・ファティ
バルセロナのアンス・ファティ【写真:Getty Images】

 スペイン代表のロベルト・モレノ監督は、バルセロナに所属する16歳のFWアンス・ファティを来年のEURO2020本大会に招集する可能性を示唆している。スペイン紙『アス』などが同監督のコメントを伝えた。

 今季16歳でバルサのトップチームにデビューしてセンセーションを巻き起こしたアンス・ファティ。ギニアビサウにルーツを持つがスペイン代表でのプレーを希望し、スペイン国籍取得の手続きを完了させた。その後国際サッカー連盟(FIFA)からの許可も得られ、スペイン代表でのプレーが正式に可能となった。

 年齢的には今月から開催されるU-17ワールドカップに出場することも可能だったが、“飛び級”でU-21代表に招集されることが11日に発表された。同じバルサのFWカルレス・ペレスが負傷で離脱した穴を埋める形の追加招集となる。

 モレノ監督はアンス・ファティのU-21代表入りを喜びつつ、「A代表の予備リストにも入っていた」とコメント。「席が空いた時に招集するのは良い決断だと思う」と話している。

 来年には17歳でEURO本大会に出場するチャンスもあるかもしれない。「来夏のEUROに参加する可能性は排除しない。バルサで活躍し、ゴールを決め、前進を続けていけば行くことになるかもしれない」と指揮官は見通しを示した。

 スペイン代表はEURO2020の予選F組でここまで6戦6勝を収めグループ首位。現地時間12日に行われるノルウェー戦に勝利すれば、他チームの結果次第で本大会出場が決定する。

【了】

新着記事

↑top