伊東純也、絶妙クロスもノーゴールに「入っていれば流れが来たと思いますけど…」

2019年10月24日(Thu)9時19分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

伊東純也
伊東純也【写真:Getty Images】

【ヘンク 1-4 リバプール CLグループリーグE組第3節】
 
 チャンピオンズリーグ(CL)グループリーグE組第3節、ヘンク対リバプールの試合が現地時間23日に行われた。ヘンクは1-4の敗戦を喫している。試合後、ヘンクに所属する日本代表MF伊東純也が取材に答えた。

 試合開始して2分、パスミスからカウンターを受け、最後はアレックス・オックスレイド・チェンバレンに先制点を決められる。57分にもチェンバレンに追加点を決められ77分と87分にも失点した。88分にステファン・オデイが1点を返したものの、ヘンクは1-4の敗戦を喫している。

 26分には伊東のクロスからムバワナ・サマッタが合わせてゴールネットを揺らすシーンがあった。しかし、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の判定によりノーゴールに。

 伊東はこの場面を振り返り「まあ、ちょっと早かった気はしましたけど、映像でそうだったのならオフサイドだったんじゃないかと思います」としながらも「逆にあそこで入っていれば、あそこで流れが来たと思いますけど。入れなかったので、そのままだったかなあと思います」とコメントしている。

(取材:本田千尋、文・構成:編集部)

【了】

新着記事

↑top