モハメド・サラー、エジプト代表を離脱。マンC戦で左足首を負傷

2019年11月13日(Wed)19時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

モハメド・サラー
モハメド・サラー【写真:Getty Images】

 エジプト代表に合流しているリバプールのFWモハメド・サラーが、左足首の負傷で同国代表を離脱することになったようだ。エジプトサッカー連盟が現地時間の12日に報じた。

 現地時間の10日にプレミアリーグ第12節リバプール対マンチェスター・シティが行われた。試合はサラーのゴールなどでリバプールが3-1の勝利を収めた。

 この試合に先発出場したサラーは、シティMFフェルナンジーニョのタックルを受け左足首を負傷。87分にジョー・ゴメスと交代していた。その後、エジプト代表に合流したサラーはメディカルスタッフの検査を受け、アフリカネーションズカップに臨む同国代表を離脱することになった。

 エジプトサッカー連盟の公式サイトでは「代表のメディカルスタッフのモハメド・アブル=エッラ医師は、リバプールのスター・モハメド・サラーがケニア戦とコモロ戦の準備ができていないと判断した」と声明を出している。この声明とともにサラーが左足にプラスティックのプロテクターを装着している画像が掲載されている。

 エジプト代表は、現地時間の14日にアフリカネーションズカップ予選第1節ケニア代表、同18日に第2節でコモロ代表と戦う。エジプト代表にとっても、リバプールにとってもサラーの離脱は痛手となるだろう。

【了】

新着記事

↑top