岡崎慎司、無得点に終わり低評価。「いつものレベルには全く届かず」

2019年11月17日(Sun)14時10分配信

photo Getty Images
Tags: , , ,

岡崎慎司
ウエスカの岡崎慎司【写真:ムツ・カワモリ】

 セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)第16節のフエンラブラダ対ウエスカ戦が現地時間16日に行われ、ホームのフエンラブラダが3-2で勝利を収めた。ウエスカのFW岡崎慎司は先発でフル出場している。

 11試合連続の先発出場となった岡崎だがゴールはならず。試合は前半を1点リードで折り返したフエンラブラダが後半立ち上がりにも2点目を加え、ウエスカの反撃から逃げ切って上位対決を制した。

 岡崎としてはやりにくい状況での試合となった。地元メディア『アラゴン・デポルテ』は前半の戦いぶりについて「ウエスカはほとんど岡崎に繋ぐことができず、良い前半ではなかった。終了間際の岡崎のシュートだけが数少ない攻撃の形だった」と述べている。

『スポルト・アラゴン』ではこの試合での岡崎のパフォーマンスに採点「4」と低評価を下している。DFジョズエ・サの「3」に次いで低い評価を受けた選手の一人となった。

 同メディアは岡崎について「消えていた」と評し、「特に隣に9番がいなかった序盤は行方不明だった」とコメント。「その後は徐々にプレーに絡むようになっていったが、いつものレベルには全く届かなかった。日本人選手にとって難しい試合となり、唯一の危険な場面も決められなかった」と続けている。

 4試合ぶりの黒星を喫したウエスカだが、プレーオフ圏の4位はキープ。次節は23日にホームでポンフェラディーナと対戦する。

【了】

新着記事

↑top