ベルバトフ氏、ベイルの“レアル揶揄フラッグ”に言及。「馬鹿げている」

2019年11月21日(Thu)21時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

ウェールズ
ウェールズ代表【写真:Getty Images】

 元ブルガリア代表FWディミタール・ベルバトフ氏が、EURO出場権を獲得した後にレアル・マドリーを揶揄したフラッグをガレス・ベイルが掲げた事に関して言及した。スペイン『アス』などが現地時間の20日に報じた。

 ウェールズ代表は現地時間の19日にハンガリー代表と対戦。2-0の勝利を収め、2大会連続のEURO本大会出場を決めた。だが、試合後に予選突破を祝う中でベイルの取った行動が問題視されている。

 選手たちはファンから渡されたウェールズ国旗を掲げて予選突破を祝ったが、その国旗には「ウェールズ、ゴルフ、マドリー。この順番」との言葉が入れられていた。ベイルがマドリーよりウェールズ代表を重視していること、またスペインでゴルフに熱中していることを意味しており、ファンが作成したとして試合前から話題となっていたフラッグだった。

 これに関してベルバトフ氏は「あのフラッグで祝福したベイルは馬鹿げている。明らかにベイルとマドリーの間には緊張がある。もちろん、彼はウェールズ人だし、母国を尊重するのが先だろう。だが、なぜ彼があのフラッグで祝福する必要があったのか分からない。ジョークであることは私にもわかる。だが、受け入れがたい事である」とコメントしたという。

 すでに冷え込んでいたジネディーヌ・ジダン監督との関係をさらに悪化させることになるのではないかとの見方もあるが、ベイルの去就に影響することになるだろうか。

【了】

新着記事

↑top