「モウリーニョを尊重するが、私は行かない」。チェルシー愛を強調するランパード

2019年11月23日(Sat)12時13分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

ジョゼ・モウリーニョ フランク・ランパード
ジョゼ・モウリーニョ監督(左)とフランク・ランパード監督(右)【写真:Getty Images】

 チェルシーのフランク・ランパード監督が、恩師であるジョゼ・モウリーニョ監督のトッテナム指揮官就任に触れた。英『スカイ・スポーツ』などが伝えている。

 トッテナムは今週、マウリシオ・ポチェッティーノ前監督を電撃解任。後任として招へいしたのが、かつてチェルシーを成功に導いた“スペシャル・ワン”だった。

 チェルシーにとって、トッテナムは同じロンドンを拠点とするライバルクラブ。ランパード監督は自身がトッテナムへ行く可能性を「はっきりノーと言える。それは10年後も繰り返せる言葉だ」と断言した。

 ただ、モウリーニョ監督の決断は理解している。ランパード監督は「状況が違う。ジョゼ・モウリーニョは、多くのクラブでやってきた人で、彼の働く権利を尊重しなければいけない」とコメント。「私は選手としてこのクラブに13年間いた。クラブに対する圧倒的な気持ちがある。マンチェスター・シティで1年間プレーしたが、チェルシーが最も私のハートに近いのは確かだ。だからこそ、このクラブで監督ができることを誇らしく思うし、残念ながら、トッテナムで指揮を執ることはあり得ないんだ」と話した。

 チェルシーは23日、マンチェスター・シティと敵地で対戦する。モウリーニョ監督との師弟対決にも注目が集まるトッテナム戦は、12月22日に行われる予定だ。

【了】

新着記事

↑top