サッカーロシア代表、ドーピング問題で東京五輪・2022ワールドカップから除外へ。EUROは出場可能

2019年12月09日(Mon)20時11分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

ロシア
ドーピング問題がサッカーロシア代表にも影響【写真:Getty Images】

 世界アンチドーピング機構(WADA)は9日、組織的にドーピングを行った問題でロシアに国際大会への参加を4年間禁止する処分を決定した。これにより、サッカーロシア代表にも大きな影響が出ることになる。英『BBC』などが伝えた。

 今後4年間、オリンピック・パラリンピックに出場できないことになるロシアは、2020年東京五輪、2022年北京冬季五輪に選手団を派遣することができない。条件を満たした個人は参加することができるものの、サッカーロシア代表への影響は大きいようだ。

 サッカーロシア代表は2020年東京五輪・パラリンピックに出場できないだけでなく、2022年ワールドカップからも除外されることになる。

 ただし、UEFA主催大会となるEURO2020については、アンチドーピング機構が定義する「主要なイベント団体」には含まれないため、ロシア代表として出場可能とのことだ。

【了】

新着記事

↑top