9年ぶりのダービー勝利に大興奮。羽目を外したレンジャーズ元選手が所属クラブから解雇される

2019年12月31日(Tue)18時45分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

スティーブン・ジェラード
スティーブン・ジェラード監督も大興奮【写真:Getty Images】

 スコットランド1部リーグのセルティック対レンジャーズが現地時間29日に行われた。レンジャーズが9年ぶりにライバルを下した裏で、一人の選手が所属クラブから解雇される事態が起きている。英『スカイ・スポーツ』などが取り上げた。

 スコットランドを代表する名門2クラブの対戦は“オールドファーム”と呼ばれる大一番。しかし、レンジャーズは2012年の破産で4部からのリスタートを余儀なくされ、最後のオールドファーム白星は2010年まで遡らなければいけない。

 それだけに、この勝利に対するファンの喜びはひとしお。試合後にアウェイサポーターを捉えたカメラには、歓喜するサポーターの姿が映し出された。

 その中にいたのが、スコットランド・リーグ2(4部に相当)のコーブ・レンジャーズに所属するフレイザー・エアードだった。24歳の同選手は、相手サポーターに向けて攻撃的なジェスチャーをとっており、これが問題視された。

 すると30日、コーブ・レンジャーズが公式声明を発表。「クラブとして、我々はそのような行動を容認していない。全選手に正しい形でクラブを代表してもらいたい」とし、「フレイザー・エアードは1月の初めに契約満了となる。ただちにクラブを離れることになる」と記した。

 かつてレンジャーズのアカデミーでプレーしていたエアード本人は「オールドファームでの出来事を謝罪したい。プロの選手としての責任があることを理解している。昨日はそれができなかった。みんなが許してくれることを願っている」と、自身のSNSでコメントしている。

【了】

新着記事

↑top