エルリング ・ブラウト・ハーランド
ボルシア・ドルトムントのエルリング ・ブラウト・ハーランド【写真:Getty Images】

 ドイツ・ブンデスリーガ第18節のアウクスブルク対ボルシア・ドルトムント戦が行われ、アウェイのドルトムントが5-1の勝利を飾った。新加入のノルウェー代表FWエルリング ・ブラウト・ハーランドはいきなりのハットトリックを達成する衝撃のデビューを飾っている。

 今季前半戦はオーストリア1部のレッドブル・ザルツブルクで南野拓実(現リバプール)らとともにプレーしていた19歳のハーランド。公式戦22試合で28ゴールを叩き出す活躍ぶりで多くのビッグクラブからの注目を集め、先月29日にドルトムントへの完全移籍が決定した。

 ウィンターブレイク明けの初戦となったアウェイでのアウクスブルク戦にハーランドはベンチスタート。チームが1-3のビハインドを背負った56分に投入されると、そのわずか3分後にはFWジェイドン・サンチョからのパスに左足で合わせていきなりの初ゴールを挙げた。ブンデスリーガでの3タッチ目であり、最初のシュートでの初ゴールだった。

 その2分後にはサンチョのゴールでドルトムントが同点に。さらに70分、79分とハーランドがゴールを重ね、ハットトリックを達成するとともにドルトムントを劇的逆転勝利に導いた。

 ブンデスリーガ公式ウェブサイトによればデビュー戦でハットトリックを達成した選手はリーグ史上7人目で、元ドルトムントのFWピエール=エメリク・オーバメヤン以来7年ぶり。デビュー戦で交代出場からのハットトリックはリーグ初の快挙であり、デビューから23分間での3得点も最速記録となった。

 ハーランドは昨年9月にザルツブルクで戦ったチャンピオンズリーグでもデビュー戦でのハットトリックを達成していた。今季すでに6回目のハットトリックとなる。

【了】

新着記事

↑top