低調アーセナル、“107年ぶり”の不名誉記録。25試合終えてわずか6勝

2020年02月03日(Mon)16時57分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

ミケル・アルテタ
【写真:Getty Images】

 イングランド・プレミアリーグ第25節のバーンリー対アーセナル戦が現地時間2日に行われ、0-0のドローに終わった。この結果によりアーセナルは、実に「107年ぶり」となる不名誉な数字を残すことになった。

 前回の対戦まで11試合連続勝利を収めていたバーンリーに対して苦しい戦いを強いられたアーセナルは、敗戦こそ免れたもののスコアレスドロー止まり。これでリーグ戦4試合連続のドローとなっている。

 今季25試合を終えての戦績は6勝13分け6敗。英『BBC』などによれば、リーグ戦25試合を終えて6勝という結果は過去107年間のクラブワースト記録。実に1912/13シーズン以来という異常事態だ。

 1912/13シーズンのアーセナルは25試合を終えてわずか1勝。年間3勝を挙げたのみでリーグ最下位に終わり、クラブの歴史上唯一の降格を味わったシーズンだった。

 シーズンの約3分の2を終えて現在の順位は10位。このまま浮上せずシーズンを終えたとすれば、1994/95シーズン(12位)以来25年ぶりの二桁順位ということになる。

【了】

新着記事

↑top