キ・ソンヨン
【写真:Getty Images】

 ニューカッスルを退団した31歳の元韓国代表MFキ・ソンヨンが、10年ぶりにKリーグへ復帰するかもしれない。5日に韓国紙『朝鮮日報』が報じている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】

 現地時間1月31日、双方合意のもとでキ・ソンヨンが退団するとニューカッスルが発表。今年6月まで契約を残していたものの、2019年10月以降はプレミアリーグで出場機会がなかったため早期に決断したようだ。

 同紙によると、最有力となっているのはKリーグの全北現代モータースだという。ただ、ニューカッスルでは年俸208万ポンド(約2億6000万円)受け取っており、週給6万ポンド(約770万円)は、ニューカッスルの中でも上位に入っていたようだ。そのため、契約のポイントは年俸になると同紙は伝えている。2010年1月までFCソウルに在籍していたが、10年ぶりにKリーグへ復帰することになるのだろうか。

【了】

新着記事

↑top