久保建英
【写真:Getty Images】

 レアル・マドリーのスカウト部長を務めるフニ・カラファト氏の招聘をリバプールやチェルシー、エバートンなどのプレミアリーグのクラブが画策しているようだ。スペイン『アス』などが現地時間20日に報じた。

【今シーズンのレアル・マドリーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 レアルのスカウト部長を務めるカラファト氏は過去に久保建英やヴィニシウス・ジュニオール、マルティン・ウーデゴー、フェデリコ・バルベルデ、ヘイニエル・ジェズスなどの獲得に携わった。そんな敏腕スカウトにプレミアリーグの複数クラブが招聘を画策しているようだ。

 英メディア『テレグラフ』によると、リバプールやチェルシーのビッグクラブがカラファト氏の招聘を考えているという。だが、数々の有望な若手を発掘してきた同氏をレアルが簡単に手放すとは考えにくい。

 果たして、レアルの敏腕スカウトはプレミアリーグのクラブに引き抜かれることになるのだろうか。

【了】

新着記事

↑top