岡崎慎司、またもVAR判定に泣く。2試合連続弾ならずも地元紙は奮闘を評価

2020年02月24日(Mon)16時17分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

岡崎慎司
【写真:Getty Images】

 セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)第29節のラージョ・バジェカーノ対ウエスカ戦が現地時間23日に行われ、ホームのラージョが2-0で勝利を収めた。ウエスカのFW岡崎慎司は先発でフル出場している。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 1得点を挙げた前節アルメリア戦に続いて2試合連続の先発出場となった岡崎だが、連続ゴールはならず。後半に2点を奪ったホームチームに軍配が上がった。ウエスカは昇格プレーオフ圏内の4位を維持しているが、ここ4試合で1勝3敗と苦戦している。

 前半18分には右サイドからのクロスに合わせた岡崎がファーポストからのヘディングでゴールネットを揺らした場面もあったが、得点は認められず。チャンスの形に繋がる前の段階のプレーで岡崎にハンドがあったとVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)により判定された。

 一方、55分にラージョが挙げた先制点に繋がったのもVAR判定によりウエスカ守備陣が取られたハンドによるPKだった。ミチェル監督は試合後に、岡崎のゴール取り消しについては「入っていてもおかしくない」と控えめに不満を表しつつ、PK判定については「VAR導入からの2年間であんなPKが取られたのは見たことがない」と憤慨している。

 この試合の岡崎のパフォーマンスに対し、地元紙『エラルド』は大半のチームメートと同じく採点「1」と低めの評価。だが「奮闘を惜しまず、彼の働きぶりは称賛に値するものだった」とハードワークに賛辞を送っている。

 同紙はまた、VARによる岡崎のゴール取り消しがこれで「7点目」であることも指摘。今季ここまで5得点を挙げている岡崎だが、ゴールネットを揺らしながらも得点が認められないケースも相次いでいる。

【了】

新着記事

↑top