マンチェスター・シティ
【写真:Getty Images】

 イングランドのマンチェスター・シティは、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)違反により欧州サッカー連盟(FIFA)から下された処分についてスポーツ仲裁裁判所(CAS)への正式な上訴を行い受理された。英『BBC』など複数メディアが伝えている。

【今シーズンのシティの試合はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 シティは2012年から2016年にかけてFFP規定に反し、またUEFAに提出する関連書類において「重大な違反を犯した」として、UEFA主催大会への2年間出場禁止および罰金3000万ユーロ(約36億円)の処分を今月14日に言い渡された。

 処分が確定すれば、シティは2020/21シーズンおよび2021/22シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)やヨーロッパリーグ(EL)に出場することはできない。クラブは不正を否定し、上訴を行う姿勢を表明していた。CASは今回シティからの上訴を正式に受理したという声明を出した。

 CASは今後の見通しとして、各当事者による書面の交換やヒアリングなどの手続きを踏むことを説明。だが最終的な結論が下される時期については「見通しを示すことは不可能」だとしている。

 今季プレミアリーグで、シティは現在CL出場圏の2位に位置している。CASが最終判決を下すまでは出場禁止処分が一時凍結される可能性があるとの見方もあるが、現時点では定かではない。

【了】

新着記事

↑top