本田圭佑、選手登録期限に間に合わず。ブラジルデビューは2週間後に先送りへ

2020年02月27日(Thu)16時44分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

本田圭佑
【写真:Getty Images】

 ブラジルのボタフォゴに所属する元日本代表MF本田圭佑は、今週末の3月1日に行われる試合に向けた選手登録手続きが間に合わず、公式戦デビューは先送りされる見通しとなった。ブラジル『グローボ』など複数メディアが伝えている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 2月初旬にブラジル入りした本田は、新天地での実戦デビューに向けてトレーニング中。リオデジャネイロ州選手権の後期にあたる「タッサ・リオ」の初戦となる3月1日のボアヴィスタ戦がデビューとなることが濃厚視されていた。

 だが今週になって、公式戦出場に必要な登録手続きが完了していないという報道が浮上。ボアヴィスタ戦に出場するためには現地時間26日中に手続きを完了させる必要があったが、その期限までに間に合わなかったようだ。

 本田は26日に行われた非公開の練習試合で先発メンバーに起用されていたとも伝えられている。試合でプレーできるコンディションはある程度整っているようだが、デビューはまだしばらく待たなければならない。

 ボタフォゴの次の試合は3月7日に予定されるフラメンゴとのダービーマッチ。昨季南米王者・ブラジル王者との大一番であり、本田も対戦を楽しみにしていた相手だが、この試合でのデビューも見送られるかもしれない。

 セレモニーやテレビ中継などの事情により、ボタフォゴはホームでの試合本田をデビューさせたい考えだという。そのためアウェイのフラメンゴ戦ではなく、3月15日に行われるバングー戦でのデビューが濃厚となるのではないかとの見方が伝えられている。

【了】

新着記事

↑top