鎌田大地、価値ある同点弾の起点に。フランクフルトがベスト16進出【EL】

2020年02月29日(Sat)3時51分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

長谷部誠、鎌田大地
【写真:Getty Images】

【ザルツブルク 2-2(3-6) フランクフルト EL決勝トーナメント1回戦2ndレグ】

 ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグのザルツブルク対フランクフルトが現地時間28日に行われた。試合は2-2の引き分けに終わり、2試合合計6-3でフランクフルトの勝ち上がりが決まっている。フランクフルトの鎌田大地は先発出場。同点弾の起点となるパスを出すなど存在感を示して73分までプレーした。同じフランクフルトの長谷部誠と、ザルツブルクの奥川雅也は出場機会がなかった。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 鎌田がハットトリックの大活躍を見せてホームでのファーストレグを4-1で先勝していたフランクフルト。敵地でのセカンドレグは開始10分に先制を許すスタートとなった。

 それでも30分、同点弾が生まれる。敵陣の低い位置でパスを受けた鎌田がスルーパスを通すと、ゴールライン際で追いついたコスティッチが左足でクロス。これをアンドレ・シウバがヘディングで合わせて1-1とした。

 これでリードを再び3点としたフランクフルトは、後半に1点を奪われたものの、83分にアンドレ・シウバがこの日2点目を決めて勝負あり。2試合合計6-3でフランクフルトが勝ち上がりを決めた。

 フランクフルトは決勝トーナメント2回戦でスイスのバーゼルと対戦する。

【得点者】
10分 1-0 ウルマー(ザルツブルク)
30分 1-1 アンドレ・シウバ(フランクフルト)
72分 2-1 オンゲレ(ザルツブルク)
83分 2-2 アンドレ・シウバ(フランクフルト)

【了】

新着記事

↑top