ラツィオ、10年ぶりセリエA首位浮上。インザーギ兄弟監督で1部&2部首位に

2020年03月01日(Sun)16時18分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

シモーネ・インザーギ
【写真:Getty Images】

 イタリア・セリエA第26節のラツィオ対ボローニャ戦が現地時間2月29日に行われ、ホームのラツィオが2-0で勝利を収めた。この結果、ラツィオはセリエA暫定首位に浮上している。

【今シーズンのセリエAはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 日本代表DF冨安健洋も先発したボローニャに対し、ラツィオは前半にMFルイス・アルベルトとFWホアキン・コレアが2得点。4連勝を収めて勝ち点を62に伸ばし、ユベントスを上回って今季初の首位に立った。

 ユベントスは今節予定されていた3位インテルとの試合が新型コロナウイルスの影響で延期されたため、ラツィオはこのまま首位で今週末を終えることになる。ラツィオがセリエAの首位に立つのは2010/11シーズン以来約10年ぶり。前回はシーズン前半の第6節から第10節にかけて首位に立っていたが、最終的に5位でシーズンを終えている。

 今季のラツィオは第5節で2敗目を喫して以来、その後の21試合を17勝4分けと無敗を継続している。同日に行われたプレミアリーグの試合でリバプールが今季初黒星を喫したことで、ラツィオは現在の欧州主要リーグで最も長く無敗を続けているチームとなった。

 2016年からラツィオを率いるシモーネ・インザーギ監督にとっても自身初の首位。一方セリエB(2部)では兄のフィリッポ・インザーギ監督の率いるベネベントが首位を独走しており、兄弟監督が揃って首位に立つことになった。伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によればイタリアで初の快挙だという。

【了】

新着記事

↑top