イングランド戦、相手の圧力に耐えきれず敗北。残るのは課題と不安、東京五輪は大丈夫?【なでしこジャパンどこよりも早い採点】

なでしこジャパンは現地時間8日、シービリーブスカップ2020の第2戦でイングランド女子代表と対戦して0-1で敗北。この試合でなでしこジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

2020年03月09日(Mon)10時56分配信

シリーズ:どこよりも早い採点
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

終盤の1点に沈む

なでしこジャパン
なでしこジャパンのパフォーマンスはどうだったのか【写真:Getty Images】

【日本 0-1 イングランド シービリーブスカップ2020・第2戦】

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


池田咲紀子 6.0 失点シーンは仕方なし。その他の場面では好セーブが目立つなど、輝きを放った
三宅史織 5.0 全体的に落ち着いて対応できていたものの、試合終盤に軽率なミスを犯し失点を招く
土光真代 6.0 ボールへアタックするタイミング、カバーリング等に大きな迷いは見られなかった
清水梨紗 6.0 CBのカバーリングも的確に行い、積極果敢な攻撃参加も目立った。負傷交代は残念
宮川麻都 5.5 果敢なオーバーラップは目立ったが、自身の背後を突かれる場面も多かった
杉田妃和 5.5 パスは的確に散らせたものの、チャンスシーンでの判断等に迷い。簡単に足を出して交わされることも
三浦成美 5.5 大きなエラーはなかったが、効果的なプレーも少なかったのが事実
籾木結花 5.0 攻撃面での存在感はかなり薄かった。チャンスシーンに絡んだ数も少ない
中島依美 5.5 立ち上がりから積極的にボールに触れたが、その後のアイデア等は課題か
田中美南 5.5 動き出しの質などは高かったが、チャンスを逸するなどストライカーとしての仕事は果たせず
岩渕真奈 5.5 幅広いエリアに顔を出したが、決定機に絡む回数はわずか。物足りなさは残った

遠藤純 5.5 清水の負傷により前半途中から出場。守備時の対応にはやはり改善の余地がある
植木理子 6.0 ピッチイン直後から積極的にゴール前に侵入。攻撃陣を加速させたと言える
上野真実 5.0 出場時間の問題もあるが、ボールに触れる機会は限られた

高倉麻子 5.5 得点が遠くスペイン女子代表戦に続き敗北。課題は残されたままで不安は募る一方だ

【了】

新着記事

↑top