香川真司、交代出場で短時間プレーも地元メディア及第点「よく走っていた」

2020年03月09日(Mon)12時53分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

香川真司
【写真:ムツ・カワモリ】

 セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)第31節のマラガ対レアル・サラゴサ戦が現地時間8日に行われ、アウェイのサラゴサが1-0で勝利を収めた。サラゴサのMF香川真司はベンチスタートとなり、終盤に交代出場している。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 前節の試合に先発しながらも前半のみで交代となっていた香川。マラガ戦ではスコアが0-0のまま迎えた83分に投入されると、その直後に決勝点となるサラゴサの先制ゴールが生まれた。

 直接ゴールに絡んだわけではなかったが、地元メディア『スポルト・アラゴン』では香川の短時間のプレーに一定の評価。10点満点で「6」の及第点をつけ、「しっかり走っていた。彼の投入直後にチームの得点が生まれた」とコメントしている。

 サラゴサはこれで10試合連続の負け無しとなり、自動昇格圏の2位をキープ。首位カディスとの勝ち点差もわずか1ポイントに縮めている。

【了】

新着記事

↑top