セスクの発言に元アーセナルDF困惑「だからタイトルに届かなかった」

2020年03月29日(Sun)7時20分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

セスク・ファブレガス バカリ・サニャ
【写真:Getty Images】

 元アーセナルのバカリ・サニャが、モナコMFセスク・ファブレガスの批判に反論した。『Goal』国際版に対するコメントを英『トークスポーツ』などが引用している。

【今シーズンのアーセナルはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 かつてアーセナルで活躍したセスクは先日、『Arseblog』のポッドキャストに登場した際、バルセロナ移籍直前のチームに問題があったことを指摘。以下のように話していた。

「僕はキャプテンで、いつもプレッシャーを感じていた。勝つためにチームを引っ張らなければいけなかったし、僕は全てを捧げた。負けて帰ると、泣いたり、苦しんだり、眠れない夜もあった」

「負けてチームのバスに乗って打ちのめされることもあった。数人の選手は笑って、このあとどこへ行くかという話をしていたりしたんだ。これが数年間続いた。確かに美しいサッカーをしていて、その点では楽しんだ。でも、自分で引っ張って、全てやろうとプレッシャーをかけたことで、ある種の孤独も感じていた」

「特にその2、3年間は、ロビン(・ファン・ペルシ)とサミル(・ナスリ)だけが、精神的にも技術的にも僕のレベルにあったと感じた。傲慢だと思うかもしれないけど、それが僕の感じたことだ」

 この発言に当時のチームメートであるサニャが反応。「驚いた」と切り出して、次のように述べている。

「彼は模範的なリーダーで、クラブのことをそうやって話したりしない。彼はナイスガイだし、驚いた。ナイスガイであることは変わらないんだけど、ちょっと驚いたよ」

「彼のレベルになかったというのは少し厳しいね。彼が全てのシーズンでプレーしていたわけじゃないからだ。当時、メディアは彼が十分に走っていないとか、守備が足りないとか言っていた。だから、ほかの選手からすれば、もっと走るべきと思ったかもしれない」

 そして、セスク主将の下で成功をつかめなかった理由を挙げた。

「今のリバプールを見ると、全てが機能している。きっと、これがチームなんだ。僕たちは当時、正しいメンタリティを持っていなかったから、このプラスアルファのプッシュがなかったり、マークをするための走りが不足した。だから、タイトルに届かなかったんだと思うよ」

【了】

新着記事

↑top