1年延期の東京五輪、男子サッカーは「24歳以下」へ。FIFAが方針示す

2020年04月04日(Sat)13時02分配信


Tags: , , , , , , ,

東京五輪
【写真:Getty Images】

 国際サッカー連盟(FIFA)は3日、来年への開催延期が決定した東京五輪の男子サッカーに関して、「1997年1月1日生まれ以降」とする出場選手の年齢制限を維持する方針を示した。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 今年7月から8月にかけての開催が予定されていた2020年東京五輪だが、世界各国に拡大した新型コロナウイルス感染の影響により延期が決定。2021年7月から8月にかけて開催されることが決まった。

 五輪男子サッカーにはオーバーエイジ枠を除けば23歳以下の選手のみが出場可能とする年齢制限が設けられており、1年間の延期によりその規定がどのような扱いとなるかが注目されていた。「23歳以下」の規定が維持された場合、今年の開催であれば出場可能だったはずの多くの選手が出場不可能となる。

 だがFIFAは、来年には24歳となる選手たちの出場を認める方針を固めた。新型コロナウイルスの影響に対処するワーキンググループが3日に電話会議を開催し、各種大会に関する対応を協議。五輪男子サッカー本大会および未開催の大陸予選については、「1997年1月1日以降に生まれた選手」とする当初の規定の維持を提案する方針を表明した。

 東京五輪男子サッカーには24歳以下の選手たちに加え、25歳以上のオーバーエイジ選手が各チーム3人まで出場可能となる見通し。各大陸予選を戦って五輪出場権を勝ち取った選手たちが出場権を失うこともなくなると見込まれる。

【了】

新着記事

↑top