代表チームの国際試合再開は来年? FIFA副会長が年内開催困難と見解

2020年04月14日(Tue)17時14分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

ビクトル・モンタリアーニ
【写真:Getty Images】

 新型コロナウイルスの影響により中止・延期が相次いでいる代表チームの国際試合の再開は、年明け以降となるかもしれない。国際サッカー連盟(FIFA)副会長のビクトル・モンタリアーニ氏が見通しを示した。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 各国クラブの国内リーグや国際大会などと同様に、代表チームの試合もことごとく延期。大きな大会としてはEURO2020やコパ・アメリカ2020がいずれも来年に延期されたほか、日本代表が予定していた3月および6月のワールドカップ予選なども延期されている。

 現時点でFIFAが正式に中止を決めているのは6月までに予定されていた全ての国際試合だが、今年後半の試合も同様の措置が取られることになるかもしれない。北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF)会長でありFIFA副会長も務めるモンタリアーニ氏が『AP通信』に語ったとして各国メディアが伝えている。

「個人的には少々難題だと思う」とモンタリアーニ氏は年内の国際試合再開の可能性についてコメント。「単に世界中の健康問題や、各国の準備状況の差異だけが理由ではない。再開後の国際移動にも関連することだ」と、移動制限の問題が国際試合の開催を難しくするという見通しを示した。

「国内サッカーが優先事項だと思う」と、まずは各国リーグなどの再開を重視。現時点で予定されている9月の国際試合についても開催は確実視できないとの見解を述べている。

【了】

新着記事

↑top