EL試合中に警官突き飛ばして起訴。コペンハーゲンFWに3試合出場停止

2020年04月15日(Wed)23時01分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

ミチャエル・サントス
【写真:Getty Images】

 ヨーロッパリーグ(EL)の試合中に警官を突き飛ばしたとして起訴されていたFCコペンハーゲンのウルグアイ人FWミチャエル・サントスに、欧州サッカー連盟(UEFA)から3試合の出場停止処分が下された。英紙『インディペンデント』など複数メディアが伝えている。

【今シーズンのELはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 コペンハーゲンは今年2月に行われたEL決勝トーナメント1回戦でスコットランドのセルティックと対戦。ホームでの1stレグを1-1のドローで折り返したあと、アウェイで3-1の勝利を収めてベスト16進出を決めた。

 その2ndレグでMFペップ・ビエルが勝ち越しのゴールを決めた際、サントスは一緒に喜ぶためゴール裏へと駆け寄った。そこでゴール裏を警備していた警官隊と小競り合いとなり、警官を突き飛ばした行為により起訴されたことが報じられていた。

 UEFAは同選手のこの行為に対して3試合の出場停止処分を決定。新型コロナウイルスの影響で延期中の大会が再開されたとすれば、そこから3試合を欠場することになる。コペンハーゲンはラウンド16の1stレグでトルコのイスタンブール・バシャクシェヒルに0-1の敗戦を喫し、ホームでの2ndレグを残している。


【組み合わせ・対戦表はこちら】

【了】

新着記事

↑top