38歳の元フランス代表FWシセがリーグアン復帰切望「給料無しで構わない」

2020年05月09日(Sat)20時21分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

ジブリル・シセ
【写真:Getty Images】

 過去にリバプールやマルセイユなどでもプレーした元フランス代表のFWジブリル・シセは、たとえ報酬無しでもリーグアンに復帰したいという意欲を示した。フランス『So Foot』の7日付インタビューに語っている。

【今シーズンのリバプールはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 キャリア初期に在籍したオセールでは2度のリーグアン得点王にも輝き、フランス代表としてワールドカップ2大会にも出場したシセ。2015年には一旦現役を引退したが、2017/18シーズンにはスイス3部のイヴェルドンで現役復帰を果たした。

 2018年夏にはイタリア4部のACヴィチェンツァに加入が決まったが、クラブのリーグ戦登録が認められなかったことでプレーできず。その後はクラブに所属することなく2年近くが経過しているが、38歳となった今、母国のトップリーグ復帰を望んでいる。その理由は、リーグアンでの通算100ゴールを目指すことだという。

「ストライカーはそういうものだ。25点や50点、75点といった目標達成が大好きであり、100ゴールの大台には強いこだわりがある。96ゴールのまま止まっているから、あと4点。不愉快で気が狂いそうだ」とシセは語る。

 迎え入れてくれるクラブが現れれば、無給でもプレーするつもりだという。「給料無しで、タダでプレーしても構わない。チームにとってあまりリスクはないだろう」とシセ。「目標がある時にはあらゆる手を尽くす」と100ゴール達成への思いを強調している。

【了】

新着記事

↑top