トルコで衝撃の事件。新型コロナ感染の5歳息子を殺害したサッカー選手逮捕

2020年05月13日(Wed)17時50分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

トルコ
【写真:Getty Images】

 トルコのサッカー選手が5歳の息子を殺害したと自供して逮捕される衝撃の事件が起きた。トルコでの報道を元にスペイン紙『マルカ』など各国メディアが伝えている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 逮捕されたのは32歳のDFジェヴヘル・トクタシュ。トルコ4部にあたるアマチュアリーグのブルサ・ユルドゥルムスポルでプレーしていた。若手時代の2008/09シーズンにはトルコ・スーパーリーグのハジェッテペでの出場経験もある選手だった。

 5歳だったジェヴヘルの息子は4月23日に死去。新型コロナウイルス感染による呼吸器の問題により死去したとみられていたが、ジェヴヘルは自身が殺害したことを警察に自供したとのことだ。

 伝えられる自供内容によれば、新型コロナウイルス感染が疑われる症状により入院した息子と病室で2人になったジェヴヘルは、約15分間にわたって枕を息子の顔に押し当てて窒息させたという。息子が動かなくなったあと同選手は医者を呼び、息子は集中治療室へ運ばれて処置を受けたが助からなかった。

 それから11日後の5月4日にジェヴヘルは警察に出頭し殺害を自白。動機としては「理由は分からないが、産まれた時から息子を愛していなかった」と話したという。同選手は逮捕されており、終身刑となる可能性が高いとの見通しも伝えられている。

【了】

新着記事

↑top