新型コロナを理由に契約解除。クレモネーゼのGKが決断「100%健康が保証されない」

2020年05月16日(Sat)20時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

ミカエル・アガッツィ
【写真:Getty Images】

 イタリア2部(セリエB)のUSクレモネーゼが15日、チームに所属する35歳のイタリア人GKミカエル・アガッツィとの契約を双方合意のもとで契約解除したと発表。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 過去にカリアリやキエーヴォ、ミランなどでプレーしていたアガッツィは無所属だった2018年11月にクレモネーゼへ加入する。加入初年度は公式戦12試合に出場し、今季は公式戦16試合でゴールを守っていた。しかし、新型コロナウイルスの影響でリーグ戦が中断されることになる。外出禁止措置が実施される中、アガッツィに心境の変化があったようだ。

 アガッツィはクラブとの契約を解除した理由について「フットボールクラブは、選手が安全に作業できるように最善を尽くしても、100%健康を保証することはできないと思う。それは僕を怖がらせるだろう」と、クレモネーゼの公式サイト上で説明し、「最近僕は未来のことを考えていた。そして、家族を最優先事項にしようと考えたんだ」とコメントしている。

【了】

新着記事

↑top