イブラヒモビッチ、ボローニャ移籍の可能性が再浮上。ミハイロビッチ監督が認める

2020年05月18日(Mon)12時45分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , ,

ズラタン・イブラヒモビッチ
【写真:Getty Images】

 ボローニャのシニシャ・ミハイロビッチ監督は、ミランに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが来季加入する可能性があることを示唆した。母国セルビアのテレビに語ったとして伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えている。

【今シーズンのACミランはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 昨年末にMLS(メジャーリーグサッカー)のロサンゼルス・ギャラクシー退団が決まったイブラヒモビッチは、親しい友人でもあるミハイロビッチ監督が率いるボローニャに移籍することも選択肢のひとつとして報じられていた。古巣ミランへの復帰を選ぶことになったが、契約の満了する夏以降の去就が再び注目されている。

「イブラヒモビッチから数日前に電話があった」とミハイロビッチ監督は母国テレビによる電話インタビューの中でコメント。「夏にどういう決断を下すか分からないが、ミラノに残らないのは確かだ。問題は我々のところに来るか、スウェーデンに戻るかだ」と続けている。

 スウェーデンに帰国する場合には、自身が共同オーナーを務め、セリエA中断中に練習にも参加していたハンマルビーIFでプレーすることが見込まれる。現時点ではそのハンマルビーへの移籍が最も有力だとの見通しを『ガゼッタ』は伝えている。

 ボローニャには今季から日本代表DF冨安健洋も所属し、右サイドバックのレギュラーとしてプレーしている。イブラヒモビッチとの共演が実現する可能性も再び出てきたのかもしれない。

【了】

新着記事

↑top