酒井宏樹所属のマルセイユ、ベテランMFが給与削減拒否「僕は一家の主」

2020年06月01日(Mon)22時06分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

ディミトリ・パイエ
【写真:Getty Images】

 日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユでは、MFディミトリ・ペイェが給料カットに応じない意思を明確にしている。地元メディアに対する発言を英『デイリー・メール』などが取り上げた。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 新型コロナウイルスの影響はサッカー界にもひろがっており、各クラブがその対応に追われているところ。マルセイユでは、選手たちに30%の給料カットを要求しており、交渉を続けている。

 ただ、ペイェは「僕の立ち位置は最初からはっきりしている。選手だって、一家の主だ。僕の役割は、クラブを危険にさらすことなく、自分の家族の利益を守ることだ」とコメント。契約どおりに給料を全額受け取る意思を強調した。

 33歳のペイェは1週間で10万ユーロ(約1200万円)ほど稼ぐと伝えられている。

【了】

新着記事

↑top