元リバプールのチェコ代表レジェンドが38歳で引退。EURO2004では得点王

2020年07月04日(Sat)17時55分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

ミラン・バロシュ
【写真:Getty Images】

 過去にリバプールなどでプレーした元チェコ代表FWミラン・バロシュが、今季限りでの現役引退を表明した。所属クラブであるチェコのバニーク・オストラヴァが3日に発表を行っている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 再開された今季チェコ1部リーグは2試合を残しており、バロシュはその2試合を最後にスパイクを脱ぐことになる。慢性的な負傷によりプレー続行が難しくなったのが引退決断の理由とのことだ。

「頭ではプレーを続けたいと思っているが、体はもうやめると言っている。以前からずっと健康問題を抱えており、以前のようには体が動かなくなっていた。理由は明らかだ。年齢は止められない」とバロシュはコメントしている。

 現在38歳のバロシュは母国クラブのほか、リバプール、アストン・ヴィラ、リヨン、ガラタサライなどの各国有力クラブでプレー。2002年から2005年まで在籍したリバプールではチャンピオンズリーグ優勝も飾った。

 チェコ代表では2001年から2012年までプレーし、同国歴代5位の93試合出場、歴代2位の41得点の実績を残している。チームがベスト4進出を果たしたEURO2004では5得点で大会得点王に輝いた。

【了】

新着記事

↑top