バルセロナ会長、レアルに対するVARに不満? 指揮官交代の噂には「完全に間違い」

2020年07月06日(Mon)8時01分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

ジョゼップ・マリア・バルトメウ
【写真:Getty Images】

 バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は、VARのジャッジに不満を持っている。スペイン『モビスター+』に対するコメントを『マルカ』などが伝えた。

【今シーズンのバルセロナはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 現地時間5日にスペインではリーガエスパニョーラ第34節が行われた。バルセロナはFWリオネル・メッシのゴールがVARで取り消されたのに対し、レアル・マドリードはVARで獲得したPKが決勝点につながっている。また、レアル・マドリードはセルヒオ・ラモスが自陣ペナルティーエリア内で相手の足を踏む場面があったが、ファウルは取られなかった。

 バルトメウ会長は、「VARは皆が望んだ働きをしていない。有利に働くチームと不利に働くチームがある。最近のゲームでは、VARがうまく使用されていないところを誰もが目撃している」とコメント。レアル・マドリードの名前を出すことは避けつつも、判定に不満がある様子をのぞかせた。

 ただ、メッシのゴール取り消しについて異論はなく、「あの場面でVARは機能した。ビダルの位置はオフサイドだった」と認めている。

 また、キケ・セティエン監督がバルセロナを去るという話題にも触れている。「そういった噂があることは知っているが、完全に間違いだ。キケ・セティエンは、選手、フロント、全てから信頼を集めている。彼は素晴らしい仕事をしている」と会長は語り、現指揮官への信頼を強調した。

【了】

新着記事

↑top