エデン・アザール
【写真:Getty Images】

 レアル・マドリードに所属するベルギー代表FWエデン・アザールは、現地時間10日に行われるリーガ・エスパニョーラ第35節のアラベス戦出場は微妙のようだ。スペイン『マルカ』が現地時間7日に報じた。

【今シーズンのレアル・マドリーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 現地時間6月14日に行われた再開後初戦のエイバル戦に出場したアザール。同21日に行われたレアル・ソシエダ戦は出番がなかったが、その後マジョルカ、エスパニョール戦に先発。しかし、同7月2日のヘタフェ、アスレティック・ビルバオ戦と2試合連続のメンバー外。ジネディーヌ・ジダン監督はまだ完治していない足首の状態を考慮して同選手の欠場を決断したものとみられる。

 同メディアによると、アザールは7日の全体練習に部分的に参加。その他に個別練習も行ったという。だが、アザール自身もスプリントやドリブルの時などに不安を覚えていて、まだ完治したとは言えない状態と感じているようだ。

 アラベス戦まであと2回練習があるが、その間にジダン監督は決断しなければならない。果たして、アザールのメンバー入りはあるだろうか。

【了】

新着記事

↑top