クロップ監督、リバプールと次の契約延長は無し? 「あと4年、その後は…」

2020年07月14日(Tue)19時29分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

ユルゲン・クロップ
【写真:Getty Images】

 リバプールのユルゲン・クロップ監督は、2024年までとなっている現在の契約が満了するまで同クラブを率い、その後は退任するという見通しを示した。ドイツ『SWR(南西ドイツ放送)』のインタビューに語っている。

【今シーズンのリバプールはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 クロップ監督は母国ドイツでマインツとボルシア・ドルトムントを率いたあと、2015年10月にリバプール監督に就任。昨季のチャンピオンズリーグ優勝に続いて、今季はクラブにとって30年ぶりとなる悲願の国内リーグ優勝をもたらした。

 リバプールとは就任時に3年契約を交わし、2016年夏には新たな6年契約にサイン。昨年12月には再び契約を延長し、現在の契約は2024年までとなっている。

 現在の契約を満了するまでにはリバプールを9年間率いたことになるが、それ以上の契約延長は現時点では考えていないようだ。今後のプランについてクロップ監督は、「リバプールで4年」と述べ、その後については「1年間何もしない」と続けている。

 だがいずれにしても先の話であり、それまでに状況が変化する可能性もある。「5年も経てば世界は全く違って見えることもある」とも付け加えている。

【了】

新着記事

↑top