遅咲きストライカーが史上最年長得点王に。ヴァーディーの今季全23ゴール

2020年07月29日(Wed)0時24分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

ジェイミー・ヴァーディー
【写真:Getty Images】

 4年前にハッピーエンドを迎えたかと思われた“シンデレラストーリー”には、まだ続きがあった。ミラクル・レスターの主役となったFWジェイミー・ヴァーディーは、プレミアリーグ得点王の栄誉まで手にすることになった。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 レスターで活躍するほんの数年前まで7部などの下部リーグでプレーしていたヴァーディーは、そこから短期間でトップレベルにまで上り詰めた。岡崎慎司ともパートナーを組んだ2015/16シーズンには24ゴールを挙げ、レスターのプレミアリーグ初優勝という歴史的快挙に大きく貢献。その時点でヴァーディーはすでに29歳となっており、遅咲きのストライカーはキャリアと人生のピークに到達したかに見えた。

 だがヴァーディーが凄いのは、その奇跡的な1年だけでは終わらなかったことだ。優勝の翌年は13ゴールにとどまったが、2017/18シーズンには再び20ゴールの大台を達成。昨季も18ゴールと、30歳を過ぎてもペースを落とさずゴールを重ね続けてきた。

 そして今季もまたヴァーディーはハイペースにゴールを量産。得点王経験者であるモハメド・サラー、ハリー・ケイン、ピエール=エメリク・オーバメヤン、サディオ・マネ、サウサンプトンでブレイクしたダニー・イングスなどの追走を振り切り、ついに自身初の得点王に輝いた。

 33歳での得点王獲得は、2009/10シーズンに32歳だったディディエ・ドログバ氏を上回るプレミアリーグ史上最年長記録。レスターの公式ツイッターアカウントでは28日にそのヴァーディーの今季の全23ゴールを動画で振り返っている。

1 2

新着記事

↑top