“元祖・黄金世代”ポルトガル代表5人、その能力値は? フィーゴにルイ・コスタ…世界を沸かせた男たち

2020年07月30日(Thu)9時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

フェルナンド・コウト

フェルナンド・コウト
フェルナンド・コウトの能力値など【写真:Getty Images】

DF:フェルナンド・コウト(バルセロナ/ポルトガル代表)
1969年8月2日生(当時26歳)
96/97シーズン リーグ戦成績:26試合0得点
ポルトガル代表通算110試合8得点
ボルトガル代表での主な出場大会:89年FIFAワールドユース選手権(優勝)、UEFA EURO’96、UEFA EURO2000、02年FIFAワールドカップ日韓大会、 UEFA EURO2004

 フェルナンド・コウトはフィーゴやルイ・コスタの一世代前となる89年のワールドユースを制したチームの一人だ。その後はEURO2004を最後に代表引退するまでに110試合に出場。さらに多くの試合で主将を務めるなど、ポルトガルサッカー史に残るセンターバックとして知られている。

 クラブレベルでは、ポルトで名を知らしめると、パルマを経て96/97シーズンにバルセロナへ移籍。ボビー・ロブソン監督の下でUEFAカップウィナーズカップを獲得している。

 フェルナンド・コウトの選手としての特徴は、強靭な「フィジカル」を生かしてボールを跳ね返す「守備力」に強力な「空中戦」、そして最終ラインからチームを鼓舞し続ける「メンタル」にある。特にどんなに劣勢でも下を向くことなく、怒りともとれる表情で大声を出し続ける姿は彼の代名詞ともいえる。

 現代のセンターバックに求められるようなビルドアップ能力は凡庸ながら、精神的支柱としてチームを支え、守備の要としてボールを跳ね返し続けるスタイルは“古き良きセンターバック”といえるだろう。

ポルトガル代表のレジェンドであるルイス・フィーゴやパウロ・ソウザが、スポーツ育成シミュレーションゲーム「プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド」(サカつくRTW)に登場!

公式PC
詳細は画像をクリック!

ルイス・フィーゴ1

ルイス・フィーゴ1

ルイス・フィーゴ2

パウロ・ソウザ1

パウロ・ソウザ2

Google playからのダウンロードはこちら
googleplay

App Storeからのダウンロードはこちら
apple

【次ページ】ジョアン・ピント

1 2 3 4 5

新着記事

↑top