“元祖・黄金世代”ポルトガル代表5人、その能力値は? フィーゴにルイ・コスタ…世界を沸かせた男たち

2020年07月30日(Thu)9時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

ジョアン・ピント

ジョアン・ピント
ジョアン・ピントの能力値など【写真:Getty Images】

FW:ジョアン・ピント(ベンフィカ/ポルトガル代表)
1971年8月19日生(当時23歳)
95/96シーズン リーグ戦成績:31試合18得点
ポルトガル代表通算81試合23得点
ボルトガル代表での主な出場大会:89年FIFAワールドユース選手権(優勝)、91年FIFAワールドユース選手権(優勝)、UEFA EURO’96、UEFA EURO2000、02年FIFAワールドカップ日韓大会

 ジョアン・ピントは、今回紹介する5人の中で唯一89年と91年の2大会ともにワールドユース優勝メンバーに名を連ねている。ポルトガルは中盤に数多くの名手を輩出しながら、センターFWは駒不足と言われてきた。その中で彼は長きに渡ってポルトガル代表の最前線を担ってきた存在である。

 クラブレベルでは、主にポルトガル国内リーグでプレー。特にベンフィカ在籍時代には92、93、94年と3年連続で年間最優秀選手賞に輝く活躍を披露した。

 身長171cmと小兵であるジョアン・ピントの能力は「スピード」と「ドリブル」、そして「テクニック」に特徴を持つ。1トップで力を発揮するセンターFWというよりは2トップでセンターFWをサポートするセカンドストライカーというタイプだ。日韓ワールドカップには、リーグ・アンで活躍したペドロ・パウレタとの2トップで臨んでいる。

 フィーゴやルイ・コスタと比べれば世界的な知名度は劣るが、2度のワールドユース制覇に2度のEURO、そして日韓ワールドカップへの出場とポルトガル代表を支えてきた功績は今後も語り継がれるべき選手といえるだろう。

ポルトガル代表のレジェンドであるルイス・フィーゴやパウロ・ソウザが、スポーツ育成シミュレーションゲーム「プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド」(サカつくRTW)に登場!

公式PC
詳細は画像をクリック!

ルイス・フィーゴ1

ルイス・フィーゴ1

ルイス・フィーゴ2

パウロ・ソウザ1

パウロ・ソウザ2

Google playからのダウンロードはこちら
googleplay

App Storeからのダウンロードはこちら
apple

【次ページ】パウロ・ソウザ

1 2 3 4 5

新着記事

↑top