アルトゥーロ・ビダル
【写真:Getty Images】

 バルセロナは負傷者が続出しているため、CB不足に悩まされている。MFアルトゥーロ・ビダルやDFネルソン・セメドをCBに起用するプランを検討しているようだ。スペイン『アス』が現地時間30日に報じた。

【今シーズンのバルセロナはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 バルセロナは今月28日にDFロナルド・アラウホが右足を捻挫したことを発表。また、DFサミュエル・ユムティティやDFクレマン・ラングレも負傷しており、バルセロナはCB不足に悩まされている。

 現時点で起用可能なセンターバックはDFジェラール・ピケのみ。仮にラングレが復帰したとしても、控えの本職CBがいない状況となる。8月7日から集中開催となるUEFAチャンピオンズリーグ(CL)ナポリ戦に向けて不安が立ち込める。

 同メディアによると、バルセロナを率いるキケ・セティエン監督はビダルやセメドなどをCBに起用するプランを検討しているという。一番考えられるオプションとしては、セメドのCB起用。スピードがあることやピケとのコンビネーションを理由に挙げている。

 次に考えられるオプションはビダルのCB起用。ビダルは最終節のアラベス戦の途中にCBとしてプレーしたこともあり、CBの候補に挙がっているようだ。その他ではDFセルジ・ロベルト、可能性は低いが同メディアはMFフレンキー・デ・ヨングも候補に挙げている。

 果たして、バルセロナはこの状況を乗り越え、今季のCLを制覇することができるのだろうか。

【了】

新着記事

↑top