34歳の元フランス代表DFロイク・ペランが現役引退を発表。17年間サンテティエンヌ一筋

2020年07月31日(Fri)17時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

ロイク・ペラン
【写真:Getty Images】

 サンテティエンヌの主将である34歳の元フランス代表DFロイク・ペランが現地時間30日、今季限りで現役を引退することを発表した。自身の公式インスタグラムやクラブの公式ツイッターで伝えられている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 34歳のぺランは地元サンテティエンヌの下部組織から2003年にトップチームデビュー。以降、サンテティエンヌ一筋で17年間プレーした。公式戦通算469試合に出場30得点15アシストを記録した。フランス代表に招集された経験はあるが、試合への出場はない。

 ぺランはキャリア最後の試合となった24日のクープ・ドゥ・フランス決勝のパリ・サンジェルマン(PSG)戦に先発。しかし、前半31分にPSGのFWキリアン・ムバッペを倒してしまい、一発レッド。キャリア最終戦は退場となり、31分間の出場に終わった。

【了】

新着記事

↑top