久保建英、移籍の可能性をラ・リーガ全クラブで考察(3)。昇格カディスの補強ポイントと合致? 候補に挙がるEL出場クラブの動向は…

2020年08月04日(Tue)9時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , ,

カディス

0804AlexFernandez_getty
【写真:Getty Images】

リーグ戦:2部2位(勝ち点69、19勝11敗12分)
スペイン国王杯:2回戦敗退
監督:アルバロ・セルベラ(6年目)
同ポジションの選手:サルビ・サンチェス、アレックス・フェルナンデス


【今シーズンの久保建英はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 今季の2部で首位を走り続けたカディスは、優勝こそウエスカに奪われたものの、2位で昇格を決めている。2005/06シーズンを19位で終えて降格して以来、一時はセグンダB(3部)までカテゴリを落としたシーズンもあったが、15シーズンぶりに1部を舞台に戦う権利を掴んだ。

 来季に向けて、カディスはすでに積極的な動きを見せている。中でも注目を集めたのは、アルバロ・ネグレドの獲得。セビージャやバレンシアで活躍した元スペイン代表FWで、トルコのベシクタシュを経て、昨季からはUAEのアル・ナスリでプレーしていた。来月には35歳になるが、UAEでは2シーズンで25得点をマークしている。

 昇格を果たしたカディスの攻撃の中心は、トップ下でプレーするアレックス・フェルナンデス。レアル・マドリードのカンテラ(下部組織)出身で、トップチームでも出場したフェルナンデスは、1部でのプレー経験も豊富で、今季はチームトップの13ゴールをマークしている。

 7アシストをマークしたサルビ・サンチェスと5得点2アシストのアルベロ・ペレアが両翼でプレーしたが、両者ともに1部での実績はほぼない。残留を目指すためには、久保のような1部での経験がある選手が必要になるかもしれない。

 久保の移籍先を巡っては、年俸の高さがネックになっているクラブも多いという。ネグレドに加えて、アトレティコ・マドリードなどでプレーした経験を持つアウグスト・フェルナンデスやホセ・マヌエル・フラドなど、ベテラン選手も多いカディスは、現時点で獲得の動きを見せてはいないようだ。

【了】

1 2 3 4 5

新着記事

↑top