久保建英、移籍の可能性をラ・リーガ全クラブで考察(3)。昇格カディスの補強ポイントと合致? 候補に挙がるEL出場クラブの動向は…

レアル・マドリードが保有する久保建英は今季、マジョルカでリーグ戦35試合に出場して4得点4アシストという結果を残した。EU圏外選手枠の関係もあり、20/21シーズンも他クラブに期限付き移籍する可能性が高いが、どのクラブでプレーすることになるのだろうか。今回は、20/21シーズンのラ・リーガ20クラブの今シーズンを考察するとともに、久保のライバルになるであろう選手や、加入の可能性を考える。(成績は19/20シーズン、監督は20/21シーズンのもの)

2020年08月04日(Tue)9時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , ,

アトレティコ・マドリード

0804Correa_getty
【写真:Getty Images】

リーグ戦:3位(勝ち点70、18勝4敗16分)
スペイン国王杯:3回戦敗退
監督:ディエゴ・シメオネ(10年目)
同ポジションの選手:アンヘル・コレア


【今シーズンの久保建英はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 昨夏はディエゴ・ゴディン、フィリペ・ルイス、ファンフランといった功労者、ロドリ、リュカ・エルナンデスといった若手、そしてエースのアントワーヌ・グリーズマンが抜けた。就任9年目を迎えたディエゴ・シメオネ監督は試行錯誤を繰り返しながら、レアル・マドリード、バルセロナに次ぐ3位の座を確保している。

 久保建英はシーズン終盤のアトレティコ戦で躍動している。右サイドハーフで先発した久保は、ダブルチームで対応する相手をドリブルで何度か抜き去った。マッチアップした同い年のマヌ・サンチェスは手玉に取られ、62分にベンチに下がっている。

 久保にとっては、欧州屈指の堅守を誇るアトレティコを相手に力を証明した試合となった。アトレティコは久保の獲得に興味を示しているようだが、もし実現したとしても層は厚い。アンヘル・コレアやキャプテンのコケといった実力者たちとポジションを争わなければならない。

 優勝を争うクラブに久保を貸し出すメリットはないに等しい。マルコス・ジョレンテやテオ・エルナンデスなど、マドリードの両クラブ間で完全移籍するケースはあっても、期限付き移籍という前例はほぼない。アトレティコ移籍が実現する可能性は極めて低いと言えるだろう。

【次ページ】グラナダ

1 2 3 4 5

新着記事

↑top