ハメス・ロドリゲス
【写真:Getty Images】

 レアル・マドリードに所属するコロンビア代表FWハメス・ロドリゲスが、アトレティコ・マドリードへの”禁断の移籍”に近づいているようだ。英メディア『デイリー・メール』などが現地時間5日に報じた。

【今シーズンのレアル・マドリーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 2014年からマドリーに在籍しているハメス。2017年から2年間はバイエルン・ミュンヘンにレンタル移籍となった。今季からマドリーに復帰しているハメスはここまで公式戦14試合に出場1得点2アシストを記録している。

 ジネディーヌ・ジダン監督の構想からは完全に外れているハメス。今夏の移籍が囁かれていて、過去にはナポリなどが興味を示していると報じられていた。そして、移籍先候補の一つとして見られていたアトレティコが、ここにきてハメス獲得に近づいているという。

 同メディアによると、アトレティコはハメス獲得に関して少なくとも1350万ポンド(約19億円)を見込んでいるという。しかし、アトレティコのエンリケ・セレソ会長はハメスの獲得を熱望しているわけではなく、ディエゴ・シメオネ監督が要求すればゴーサインを出す可能性があるという。

 同じマドリードに本拠地を置く両チーム。果たして、この禁断の移籍は成立するのだろうか。

【了】

新着記事

↑top