プレミアリーグ最高のウイングは誰だ! サッカー選手WG能力値ランキング1位~5位。韓国人FWがランクイン(19/20シーズン確定版)

2020年08月25日(火)7時00分配信

シリーズ:19/20能力値ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , ,

2位:リバプールの王

EnglandWG02
モハメド・サラーの能力値や今季リーグ戦成績など【写真:Getty Images】

FW:モハメド・サラー(エジプト代表/リバプール)
生年月日:1992年6月15日(28歳)
市場価格:1億2000万ユーロ(約144億円)
今季リーグ戦成績:34試合出場/19得点10アシスト


【今シーズンのプレミアリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 32得点、22得点と連続で得点王を獲得したシーズンよりはゴール数が減っているものの、モハメド・サラーは今季もチームトップの19得点をマークした。圧倒的な強さでプレミアリーグを独走したリバプールで相変わらず大きな存在感を放っている。

 トップスピードで比べれば同僚のサディオ・マネより速いかもしれない。守備での貢献度は年々高まっており、重心の低い「ドリブル」は縦に早いリバプールのスタイルを体現している。4-3-3の右ウイングだけでなく、4-2-3-1の最前線でも起用され、強靭な「フィジカル」で攻撃の起点となっている。

 プレミアリーグでは100試合出場時点で70得点をマーク。リバプールの選手としては63得点だったフェルナンド・トーレスを抜く歴代1位で、アラン・シアラーの79得点に次ぐリーグ歴代2位の記録だった。黄金期に突入したリバプールで、サラーは今後もエースとしての活躍が期待される。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top