永里優季
【写真:Getty Images】

 アメリカ・ナショナル・ウイメンズ・サッカーリーグ(NWSL)のシカゴ・レッドスターズに所属する元なでしこジャパン(日本女子代表)FW永里優季が10日、神奈川県社会人サッカーリーグ2部の「はやぶさイレブン」男子チームに期限付き移籍することが決定した。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 はやぶさイレブンの公式サイトは「電撃加入」と題し、「永里優季選手が2020年9月付けで、はやぶさイレブン(神奈川県2部リーグ)に加入しました!女子サッカー界のレジェンドの加入で、厚木に元気と「勇気」をお届けします!数々の功績を残してきた、永里選手の新しいチャレンジを、是非応援してください」と発表。10日16:00~入団会見を行う予定である。

 現役の女子選手が男子のサッカーチームに加入することは異例のこと。永里が所属するシカゴも同選手のはやぶさイレブンへのレンタル移籍を発表。公式サイトは「FWユウキ・ナガサトは、神奈川県リーグの男子チームであるはやぶさイレブンに最初の女子プロサッカー選手として、歴史を作るために日本に渡った」と伝えている。

 はやぶさイレブンは永里の地元厚木市のクラブ。同クラブには、実兄である永里源気が所属している。さらには、実妹で元日本代表FW永里亜紗乃が先月、はやぶさイレブンのフットゴルフチーム「はやぶさイレブン+F」に加入。3兄妹揃ってはやぶさイレブンでプレーすることになった。兄・源気との共演なども楽しみだ。

【了】

新着記事

↑top