メッシがサッカー界の長者番付1位に! C・ロナウドは2位。21歳FWムバッペが急上昇

2020年09月15日(Tue)12時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

リオネル・メッシ
【写真:Getty Images】

 米国の経済雑誌『フォーブス』が14日、2020年におけるサッカー界の長者番付トップ10を発表した。バルセロナに所属する33歳のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが1位となっている。

【今シーズンのバルセロナはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 同紙によると、メッシの年間総収入は1億2600万ドル(約133億円)で、内訳で見ると給与が9200万ドル(約97億2000万円)、スポンサー収入などが3400万ドル(約35億9000万円)とのこと。2位はユベントスに所属する35歳のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドで総収入は1億1700万ドル(約123億6000万円)。3位にはパリ・サンジェルマン(PSG)に所属する28歳のブラジル代表FWネイマールが入り、総収入は9600万ドル(約101億4000万円)であると伝えている。

 急上昇して4位に滑り込んだのは、PSGに所属する21歳のフランス代表FWキリアン・ムバッペ。2015年にモナコでプロデビューを果たして以降、5年間で世界的スターにまで成長した。総収入は4200万ドル(約44億4000万円)となっている。なお、5位はリバプールに所属する28歳のエジプト代表FWモハメド・サラーで、総収入は3700万ポンド(約39億円)であると報じられている。

【2020年のサッカー長者番付トップ10】

1位 リオネル・メッシ(バルセロナ)、総収入1億2600万ドル
2位 クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)、総収入1億1700万ドル
3位 ネイマール(PSG)、総収入9600万ドル
4位 キリアン・ムバッペ(PSG)、総収入4200万ドル
5位 モハメド・サラー(リバプール)、総収入3700万ポンド
6位 ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)、総収入3400万ドル
7位 アントワーヌ・グリーズマン(バルセロナ)、総収入3300万ドル
8位 ガレス・ベイル(レアル・マドリード)、総収入2900万ドル
9位 ロベルト・レバンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン)、総収入2800万ドル
10位 ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド)、総収入2700万ドル

【了】

新着記事

↑top