バルセロナ残留決定のメッシが練習試合で早速2ゴール! 左右両足で技ありシュート

2020年09月17日(Thu)11時40分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

リオネル・メッシ
【写真:Getty Images】

 バルセロナ対ジローナの練習試合が現地時間16日に行われ、バルセロナ残留を決めた33歳のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが早速2ゴールを決める活躍を見せた。バルセロナは3-1の勝利をおさめている。

【今シーズンのバルセロナはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 事の発端は、メッシがトランスファーリクエストをバルセロナに提示したことにある。2021年6月までバルセロナとの契約が残っているものの、現在の契約には一方的に契約を終了できる条項が含まれており、契約解除金7億ユーロ(約881億円)も無効で自由に移籍できると考えている様子だった。

 ただし、6月10日の締め切り期限を過ぎており、バルセロナ側は条項の効力は既に終了しているとの認識。スペインのラ・リーガも「契約解除金支払いが必要」との公式見解を示し、契約解除金が発生するとの見方が強まった。

 それでもメッシは退団を意識し、同選手の代理人を務める父親のホルヘ・メッシ氏がバルセロナの首脳陣と退団交渉に。最終的に両者合意に至らず、法廷で争う可能性も出てきたため、一転してメッシがバルセロナ残留を表明。2020/21シーズンに向けて、再びバルセロナの練習に合流していた。

 メッシは今回のジローナ戦で先発出場。21分にフィリッペ・コウチーニョが先制点を決めると、45分にはコウチーニョからパスを受けたメッシが反転し、相手を交わして右足でシュートを放ち追加点。46分にジローナのサムエル・サイスに1点を返されたものの、51分にペナルティーエリア外から左足を振り抜いてチーム3点を決めた。リードを守り切ったバルセロナが3-1の勝利をおさめている。

【了】

新着記事

↑top