冨安健洋、イブラヒモビッチとの激突に「難しい試合だった」 CBは「やりやすい」

2020年09月22日(Tue)18時05分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

冨安健洋
【写真:Getty Images】

 イタリア・セリエA第1節のミラン対ボローニャ戦が現地時間21日に行われ、ホームのミランが2-0で勝利を収めた。ボローニャの日本代表DF冨安健洋の試合後のコメントをクラブ公式ウェブサイトが伝えている。

【今シーズンの冨安健洋はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 事前に予想されていたように、冨安は昨季までプレーしていた右サイドバックではなくセンターバックのポジションで先発出場。だが試合はミランのFWズラタン・イブラヒモビッチがPK1本を含めた2得点を奪い、改めてその脅威を見せつける結果となった。

「僕にとっては難しい試合でした。イブラヒモビッチは素晴らしいプレーヤーだというだけでなくフィジカルも強靭で、ピッチ上ですごく頭を使う必要がありました」と冨安は世界トップレベルの強敵との激突を振り返っている。

 冨安は右サイドでのプレー続行を希望していたとも報じられていたが、本来のポジションであるCBに戸惑いはないようだ。「CBでプレーするのはやりやすいです。代表でもやっているポジションなので。まだまだ改善しなければならないのは分かっていますが、練習で監督とダニーロからたくさんアドバイスも受けつつ取り組んでいます」

 シニシャ・ミハイロビッチ監督はチームの戦いぶりに満足していた様子だったとも冨安は語った。「試合後には監督は怒っていませんでした。最後まで勝つための戦いができていたということで、僕らはポジティブに、明日からまた次の試合に向けて頑張っていきます」。ボローニャの次節の試合は28日、ホームにパルマを迎える。

【了】

新着記事

↑top