中山雄太、今季初得点含む3点関与。現地メディア「傑出した役割を演じた」

2020年09月27日(Sun)16時56分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

中山雄太
【写真:Getty Images】

 オランダ・エールディビジ第3節のPECズヴォレ対スパルタ戦が現地時間26日に行われ、ホームのズヴォレが4-0で勝利を収めた。今季初得点を挙げたズヴォレのDF中山雄太は現地メディアでも高い評価を受けている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 今季開幕戦では不出場に終わったあと、前節のAZ戦に交代出場していた中山は今季初先発で74分までプレー。チームメートのDFファン・ウェルメスケルケン際は3試合連続の先発フル出場を果たしている。

 オランダ『NOS』ではこの試合について伝えつつ、ズヴォレの今季初勝利に大きく貢献した選手として特に中山に言及。「ユウタ・ナカヤマは傑出した役割を演じた。3度にわたってゴールに絡んだ」と同メディアは述べた。

 まずは前半アディショナルタイム、左CKに合わせた中山のヘディングシュートをDFミカ・ピントが腕でストップ。このプレーでピントは退場となり、獲得したPKからイラン代表FWレザ・グーチャンネジャードが先制ゴールを挙げた。

 数的優位にたったズヴォレは後半立ち上がりにも中山の獲得したCKからグーチャンネジャードが追加点。さらに3点目を加えたあと、71分には右CKから中山が自ら豪快なヘディングを突き刺してゴールラッシュを締めくくった。

【了】

新着記事

↑top